スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くことがない

インパルス今日テレビでやっていたマリック対超人の異種格闘技戦。マリックはタネのあるマジックであるのに対して超人はホンキのタネなし。一切タネがない方が見ていてハラハラ。素直におーすげーと思えた。体に変圧器から高電圧かけて手から放電とかもうすごすぎ。猫もかわいかった。

なんかマリックのマジックがちゃっちく見えちゃった。。。超人と対決しちゃだめだよマリック。胴体が消えるマジックは鏡で後ろを見せていただけっぽい。空中にうっすら傷があったような…胃カメラのマジックとかもう映像コントかよという…医療機器を素人が使っちゃだめですよ。

スポンサーサイト

NEWスキン

iBeatllDX仕様っぽくしてみた。光は長くカラフルにして、光り方も2段階。ターンテーブルもクルクル回ってます。一応全部手書き。大体のグラデーション描いてはぼかして~っていうのを繰り返しました。(全体的にはBMSプレーヤーbemaniaがお手本)パーセンテージの表示部の色がどうにも微妙。

リザルト画面も作ったのでもうちょいな感じだー。

タイミングの壁

iBeat。fc2ではケータイ用ファイルとして重いファイルを置けないようで、無理矢理置いたら消されてしまいました…専用ページつくって再公開します。infoseekあたりで。

さて本題。

タイミングあわせるのってむずかしいね~。
特にケータイでは1ループに時間がかかりすぎて表示してるバーのタイミングと、実際に押したときのタイミングが微妙にことなってしまうようです。また。表示と曲がほんの少しずれていたり。FPSが20程度しか出てない場合は1フレームあたり最高0.05秒ほどのラグが発生してしまうことがあるみたいです。これは音ゲーにとっては致命的。GREATとJUST_GREAT並の差がでてしまいます。さて、どうしたもんか。JAVA初心者のワタシにはさっぱりだ。

FPSから計算したラグの分だけ判定をずらせばいいのかね。それともを全体的にバーをすこしだけずらすとか…うーむ。どれが有効なんでしょ

鉄拳DR

ガンダムどーもー。最近はスティーブ使いのつんです。(っていっても弱いですけどw)
がちゃがちゃとスティーブを使いこなすべく頑張ってたところ速攻で付属の補助パネルの粘着面がはがれました…これないと斜めが全然入らないんですけど。これ100円とかにどっか売ってないのかな。10個くらいまとめ買いしたい!

画像はガンダムちゃんです。バランス調整をし今まで一番まともな形のガンダムになってきてると思います。

プロポーション

ストライク前のは足が見かけ以上に長くて正面からだといまいちだったので修正。ん~どうにもびしっといかない。

動的にMIDIを作ればいんじゃね?

キーを押しても音が鳴らないBMはBMではありませんね、やっぱり。
そこでひとつの案。
MIDIをあらゆる音色、音程のデータをあらかじめリソースにつっこんでおく。これならBMSで指定されたMIDIを再生すればいいだけです~が、こりゃぁどう考えたって容量オーバー。

そこで。

アプリ内で指定された音を動的に作ってしまえばよろしいのではないか。やってみました。
MIDIのチャンク構造なんて知らないので(調べても理解できず。MLDは理解できたんだが…)雛形のMIDIデータを製作。とりあえずはドの音が単音で4拍分なるやつ。さらにレのやつも。この2つをバイナリエディタでみくらべて違うところを探す。違ったところが音程の違いを表す部分ってなわけ。続いて音色を変えたドを製作し、音色を表す部分を探し出す。ここまでくれば音色と音程をアプリ内で変えるのはたやすいこと。雛形のバイト配列をあらかじめアプリ内に書いておいて、必要に応じて部分的に書き換えBMSのバーが落ちてくる数フレーム前にMediaSound化してセットすればおっけーです。
ってなわけで『キーを押して音を出す』は達成できそうなんですが、なんせこれではオリジナル規格。BMSではすべてWAVE形式なんで…#WAVじゃなくて#MID、さらにはwavファイル名ではなくmidiの音色と音程を記述しなくてはならない。。。この方法でキー同時押しして和音が鳴るかっていうのも微妙。AudioPresenterにそんな6ポートもあるんだろか。

iBeat公開

公開しました。
わかりずらい使い方↓

・アプリ本体(20KB)をDL。
・PC側でMIDIとそれに対応したBMSを用意。
・MIDIとBMSを同時公開したBMFcreaterでGIFまたはJPGにまとめる。(PはJPGでないとインポートできません)
・ケーブル、SDカードなど(webやメールからもいけるかも)を経由して上で作った偽装ファイルを本体メモリに入れる。
・iBeatを起動して決定ボタンを押し、画像選択画面で偽装ファイルを選択。

これで遊べます。

リザルト画面はありませんw遊ぶだけ。
対応しきれないところがありますが意外に何とかなってます。BMS内で小節短縮情報は各小節の先頭になければ正常に動かないかも。。。(某エディターでは標準でそうなってるんでダイジョブかと)MIDIとBMSは自分で探してみてください。作るのもいいかも…
Go To 物置。
プロフィール

書いてる人:つん

まったりのんびり。書いてる人の息抜きブログです。

多分連絡先↓
metal_tsun@yahoo.co.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
バロメーター
Java歴:2005年2月から今まで。
3DCG歴:2005年8月から数年。
C歴:2006年4月から今まで。
VB歴:2007年3月からちょっと。
Delphi歴:2007年3月からちょっと。
PIC歴:2007年5月から数年。
イラスト歴:2007年12月から今まで。
DTM歴2008年2月からちょっと。
PHP歴2008年4月からちょっと。
C++歴2008年4月から今まで。
C#歴2009年1月から今まで。
Objective-C歴2009年4月から今まで。
CSS歴2012年5月から今まで。

ブログ開始日2005/10/11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。