スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅蓮弐式その2

紅蓮弐式
ランドスピナー追加や、輻射波動機構の追加。あと全体的にいろいろ修正。シャキッとしてきたかと。

バランスが難しい。。。
胴体部分はもう少し前方にあり、もっと全体に大きくすべき。太ももも太くするべきか。左二の腕も少々太くしたりして、今のひょろひょろな感じをなくしたいですなぁ。


プラモの紅蓮弐式を発見しましたが、アニメのように腕の付け根を細い板のまま立体化するのは強度的に厳しいのかずいぶんぼってりした胴体になってしまっていましたなぁ。。。



紅蓮線おまけ。紅蓮の線画。Shadeのプレビュー画面のキャプ画です。陰線除去してあります。まぁごらんの通りローポリ。せっせと面張ってナイフで切ってを繰り返してます。最後にはどれからいの線の量になるのやら。これ何ポリゴンだろう…

ちなみにレーバは4000ポリくらいでした。10000ってなかなかいかない…



レーバ線おまけおまけ。レーバの線画。
スポンサーサイト

紅蓮弐式

紅蓮弐式紅蓮弐式を求めてウチにやってくる方が多いようなので製作再開。また白いですが、これは作り直しているため。胴体部、脚部は全面作り直し済み。もちろんまだまだ一次原型レベル。腕などはそのまま使用。はやいとこ右手を作りこみたいですね~。

胴体は劇中の映像を元に頑張りました。前回よりかなり奥行きがあります。上からみるとギアスの紋章と同様の形。足も短くし、腕の化け物じみた長さを強調。全体的に少し細すぎるかも。

ちなみにラジオシティ使用のパストレ。マイルドだw

ラジオシティ

レーバテインラジオシティの使い方がわかってきたんでそのテスト。ラジオシティでは天空光エミュレートができるそうな。できるだけ分割の値を小さくしてやってみた。そうでないと影がボサボサあやしいものになる。無限遠光源の天空光のみ1.0で光度自体は0。点光源とかない。露出度は適度に調整。

で、できたのがこの画像。天空光だけあって、真上からの光ですが、安定していますな。さすが専門ソフト。時間はラジオシティ自体はそれなりの時間がかかりましたが、レンダリングは100秒で完了した高速っぷり。一度ラジオシティ計算をしたらモデルを変形しない限り再計算しなくてすむのでなかなかよい。
ボケ影のボケ具合もまさに理想。まぁ分割がたりないのか、一部ボサボサですが、このスピードは大変ありがたい。
(光が減衰しないので台まで真っ白に)



レーバテインこちらは前回書いた擬似天空光の改良タイプ。ドーム上にねじりながら点光源を配置、テッペンの密度が一番高くなるように配置。さらにアクセント(?)をつけるため、ドーム全体の軸を傾けてみた。すると画像のように。時間は光源は前より減っているので2500秒程度。光源がたりなく、やはり影が完全にぼけてないのが残念。ただ、光源を増やせれば、軸を傾けられる分ラジオシティよりクオリティは上がるか。


はやいので当分はラジオシティを使っておこう。
それにしても光源は奥が深い。

オレの脳内

脳内欲しかありません。本当にありがとうございました。

レンダリング研究その2

レーバテイン今回は頭部に中心にモデルにも修正を入れてます。頭部はバルカンの穴追加、顔立ち修正、遠くてわかりませんがそのほかいろいろ変わってます。目立つところでは腹部、設定画通りの二重化。脚部も膝関節を設定画通りにしたり、太ももを短くしたり修正入れてます。これらでプロポーションも崩れたので、思い切って修正。腕は全体的に若干小型化し、脚部をかなり大型化。スラリとした、雑誌の正面絵のようなプロポーションを目指しました。

で、レンダリング。
今回は、光源を前回の半分から3分の1程度、配置はめんどかったので円筒。アクセントに無限遠光源をひとつ。追跡レベルを30から20へ、レイトレレベルも60から50に落としたことで時間を14000から4000秒になりました。

全体的な質感は前回同様なかなかよい感じ。足元を見ると影が段々になっているのがわかります。密度が足りないのもありますが、これは円筒は円筒でもねじりを加えて配置すれば解消できそう。太ももの影も同様。

あと前回よりもふくらはぎの白い斑点が目立った。光源が少ない分、一つ一つの光源の光度を上げたせいだろうか。。。光源の位置が近すぎたのかも。

次はねじったドーム配置にしてみよう。

レンダリングについて考える

レーバテインレーバテイン
質感が安っぽいのでいろいろテストしてみる。Shade独特の質感というのもあるかもしれないけどできる限りリアル(?)というか、いい雰囲気をだせるものをどうだすか考えてみる。(CGっぽさを消すということかな)

まずは同一のモデルで照明や設定を変えていろいろ実験。まず左は無限遠光源4つを四方に配置し、1つをアクセントに加えたもの。陰影が出てる分、前回までのよりはいいかも。全体的にパキっとしていますね~。連打時間は200秒ほど。

右は擬似天空光てっやつを全力全開でやってみた図。大域照明なしのパストレ。点光源を100個程度をドーム上に配置したもの。Shadeの苦手な天空光表現を力技でやるっていうあれです。点光源は距離に応じて光量が変わるので柔らかな陰影がでました。足元をみれば違いがよくわかります。時間はなんと14000秒。

画像的には右の方がいいですね。不自然な影がないし、白飛びもすくない。もう少し工夫を加えればもっとよくなりそう。くぼみの部分では綺麗なグラデーションがでてなかなかカッコイイですね。
時間的にアレなんで途中経過の発表なんてのには使えませんがww


両者とも大域照明を使っていません。ラジオシティやパストレ、フォトン。いまいち利点が不明なんですよね~。パストレは通常の画像にノイズが混じるだけのようになるし、ラジオシティは怪しげな光沢になるし、フォトンは丸い斑点がいっぱいでる…

色がつきました。

レーバテインいつものようにマテリアルでの設定ですが色をつけました。色をつけるとだいぶシャキッとしますよね。灰色の状態の方が細かく見えますが、全体のまとまりはやはり色を付けた方がよい。

前回書いたようにオレンジのラインは入れれず。多分パーツを埋め込んで再現すると思います。毛は紫!にしたつもりでしたがピンク。まぁこれはこれでありなのではww


PSPがすごいことになっているようで。パンドラバッテリーとかなんとか。まさか開発者用モードへはバッテリーがキーになっていただなんて。バッテリーにも保存領域を設けてるなんて手が込んでおりますな。まさにパンドラの箱。

レーバテイン6回目

レーバテインパーツ総とっかえ。いちいちShadeにもっていくの大変;;今回はいろいろ変わっています。足首まわりのバランスはかなり変わっています。詰まった感じになった。膝のナイフは超大型化。まぁこんなもんでしょう。で短くなった分は膝関節伸ばして対応。肘関節も多少作りこんで、幅も詰めた。肘のナイフいれも大型化。手こずったのは胸部の隠し腕の場所。分割がムズイのですが、色わけできる程度にはなりました。後頭部もつけ、首のディテールも追加。見えないけど;;;

だいぶマッシブになったかと。
そろそろ色も付けてみるか…細かいから大変だ。。。
オレンジのラインはパーツで塗りわけはできないので次回は赤と白と灰色のみでいきます。(オレンジのラインも別パーツでつくっちゃおうかな。テクスチャはテクスチャでめんどくさいような)
Go To 物置。
プロフィール

書いてる人:つん

まったりのんびり。書いてる人の息抜きブログです。

多分連絡先↓
metal_tsun@yahoo.co.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
バロメーター
Java歴:2005年2月から今まで。
3DCG歴:2005年8月から数年。
C歴:2006年4月から今まで。
VB歴:2007年3月からちょっと。
Delphi歴:2007年3月からちょっと。
PIC歴:2007年5月から数年。
イラスト歴:2007年12月から今まで。
DTM歴2008年2月からちょっと。
PHP歴2008年4月からちょっと。
C++歴2008年4月から今まで。
C#歴2009年1月から今まで。
Objective-C歴2009年4月から今まで。
CSS歴2012年5月から今まで。

ブログ開始日2005/10/11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。