スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊夢表情集

霊夢立ち絵つくんないとね、立ち絵。

ってなわけでまずは主役・霊夢の立ち絵を仕上げることにしました。
これ以上悩んでるのもあれなので8月5日に描いた霊夢に決定して、ついに色ぬり開始。
だいたいのはもうグレーではありますが塗ってあったので、あとはそれに彩度をつけて微修正。

線画の方もだいぶ線が収束してなかったんで整えています。

次の表情ですな。
コレはぜひとも実装したいので描いてみました。
今は5種ですが自機キャラに関してはもうちょいふやしたところ。ボスキャラは3種程度で(すでにつくってある奴がいるので)。
やっぱ表情あるといいですなぁ。あとでっかい汗マークとか。
東方といえばでっかい汗ですよ!

基本は地霊殿での表情がモチーフ。左上から、通常、怒、苦笑(?)、汗、驚。他に笑いとかは作りたいですね。
それにしても本気顔(マジギレとか、冷静な顔とか。)がひとっつもないところがさすが東方というところでしょうかwそれがいいんですけどね~。


う、ちょっと頭痛が・・・
昼夜逆転生活はやはり体に悪い。。。
スポンサーサイト

PIC18F2550 USB万歳

サークルで主に扱っているのはPIC。
秋月のPIC18F2550マイコンボードで初の18シリーズに触れていますが、USBは偉大なり。
ブートローダ便利すぎる。簡単な回路、というか線一本使えばライターモードにできてライター使用しないでそのままUSBでプログラムが書き込めるとか、ライターが数個しかないサークルにとってはとってもうれしいこと!

抵抗ラダーで8bitDAコンバータ作ってみましたが、さすが48MHz動作というか、USBというか、8bitモノラルではあるもののUSBからのストリーミングで44.1KHzを再生できました。ふむう。単純計算で350kbpsくらいで転送しつつ再生ができている・・・ネットで見るに2Mbps程度は出せるそうなので16bitステレオも夢ではないか。

さらにはPC側のプログラムですがサウンドキャプチャーして常時USB側に音声を転送できるプログラムもつくってみた(wavファイルの転送再生しかできず、そのwavを作るのがめんどかったため。)。簡易USBオーディオデバイス。よく外部でDA変換やれば音質最高!っていうけど、低精度の抵抗でラダー回路+50円のオペアンプ+ブレッドボード、そしてなにより再生できるのが8bitモノラルなので、まったくそんなことは感じられませんでした。残念。16bitステレオができるDA変換チップ今度買おう・・・(ついでにmp3デコーダーも。)

それにしてもUSB。Microchipのデモ改造してつかってるわけですが、プログラム見る限るデフォのはパイプ1にバルク転送+送受信ができるように設定してるっぽいですけど、パイプってひとつにつき送信、受信どちらか専用なのでは・・・それにPICの受信プログラムはどうみてもパイプ1でやってるのにPCからはパイプ0で送信しないとPICでうけとれない。もしかしてPCからの送信をパイプ0のコントロール転送でやっていたのだろうか・・・でもそれならPIC側でパイプ1をイン/アウトに設定している意味が・・・、、、いや、きっとこれでバルク転送になってるんだろうw

…わからない;パイプの追加の仕方も今ひとつわからないしなぁ;


こんなのやるうちにWindowsAPIのおもしろさもわかってきました。
今は全部C言語で書いてますけどC++も徐々につかっていきたいなぁ。

久々に記事に書いてみる

どうもお久しぶりです。
サークル関連も方針が決まってきてバタバタした感じがなくなってきて、
またちょこちょこ余裕できてきてるので更新。
っていっても今はプログラムにあんま触れたくないです;
サークルでいやってほどプログラムやったんで;

レーバテイン友人宅にリボルテック・レーバテインが飾ってありそれに影響をうけてちょっとまたボチボチ自分で作ったレーバテインをいじってみた。
まずチラッと以前のをみて足がでかいと思ってので脚部丸ごと縮小。
んでリボルテックのみて肩がかなり上についていた気がしてそれがゴツさを演出してると感じたのでちょっと肩を上に付けてみた。また肘よりしたもちょい小型化。
細部は特に変更してません。赤い線とかつけちゃえばよかったですね;


レーバテインんでポージング。いっつもつくっといてただの立ち姿だけなんて、絶対損。
リボルテック風に足をがっつり開いてうつむかせてみた。(前もこんなポーズやったような;)

足はまだこれでもでかいくらいかも;しかしやはり髪の毛とデモリッションガン(ガンハウザーモード)程度はほしいですなぁ。ポーズのバリエーションが・・・


ついでに作りかけダブルオーの腕部も制作中。
オーライザー制作中。ダブルオーはエクシアほどではないけど円形パーツあってきついなぁ;

レポの合間に。

らしきものどもー、なんだか久しぶりです。ちゃんと生きてますよ~。

年末に向けてサークル活動が異様に活発になったり(PICでいろいろやっております。リング型ネットみたいのとか。)、微妙に利くレポートのおかげでさっぱり更新できませんでしたが、レポの目処が立ち始めたのでちょっと更新。

もうずいぶんと前の話みたいですけど、ボスですね。
ボスのシステムがああだこうだ書いていたと思いますが、結構進みました。
各ボスのダメージをひとつに集約し、カウントできるようになりました。
その他3段階のスクリプトでボス戦の一連の流れを管理。
(ボス戦全体の流れ→ボス自体の流れ→弾幕)
一応複数いるボスにも対応。ボスキャラの数に制限は特に設けていないので、5人ボスとかもできますね。やりませんけど。
ライフゲージも華麗にアニメーションしてくれます。

あとは実際の戦闘かぁ。
すんごい前につくったボスの行動パターンがちゃんと働くかを確認したりしなくてはー。


■あとやらないといけないこと表
・ボスのシステム
・ボスの弾幕
・信仰点システム
・キャラ・装備セレクト
・ボム
・ゲームオーバー
・エクステンド
・横の絵
・道中
・雲のテクスチャ
・撃破エフェクト
・被弾エフェクト
・絵とか
・音楽とか

って何気にほとんどできてないってことなのでは。。。。

Starプロファイル

ドコモの秋冬モデルが発表されましたね~。
型番一新、0X-Aシリーズ。
アプリ関連も大幅増強とかいろんな話が出ていました。
iアプリオンラインとか、iアプリオンラインとか。
これを使うことができれば完全オンラインの花映塚モバイルが作れるではないかーと心の片隅で楽しみにしていました。新しいおもちゃがふえるのかな、と。それを確かめるべくiアプリのページにいってみたところ、発表日というのにもうAPI公開されてました。

DoJa、という名称をこちらも改めて、Starというプロファイルになるそうです。
APIのパッケージ名もnttdocomoだった部分がdocomostarに全変更。
ドコモスター。。。。なんかちょっとおかしな響き。。。

肝心の中身。
目玉と思われるソケット通信クラスを発見!



インタフェース SocketConnection
TCP プロトコルでのネットワークへの接続を定義します。この機能は、パーミッションとして TCP 通信(クライアント/サーバー型もしくはPeer-to-Peer型)が許可されたトラステッドStarアプリでのみ利用することができます。



TCPはダメ。公式専用。だが!まだ、まだUDPがある!



UDPDatagramConnection
UDP プロトコルでのネットワークへの接続を定義します。この機能は、パーミッションとして UDP 通信(クライアント/サーバー型もしくはPeer-to-Peer型)が許可されたトラステッドStarアプリでのみ利用することができます。




あと気になるところもいろいろ見てみました。
・3gpアプリ内で再生⇒無理。905iからと同様でAudioTrackPresenterで特定機種のみ音声の再生はできる。
・FloatMath⇒FastMath削除wwwFastなのに大して速くない謎クラスが改名。今度はハードで計算してくれるそうです。
・メインフォントサイズが24ドットに!倍増。VGAアプリばっかりになるのでしょうね。
・Flash対応!『プレイヤの再生領域は表示面の全面になります。 』Flashアプリやってりゃいいじゃん・・・

オンラインは仕方ないとしてCanvas上の自由な位置に動画再生!とか、3Dの強化!音声3gp全機種対応!とかほしかったんですがね…なんもない。。。
Starと名前は変わっているものの中身は実際DoJaとほぼ変わっていません。しかもStarで追加された機能で一般ユーザーが使えるものでおもしろそうなものは皆無。
3Dも見た感じまだマスコットカプセルなんでしょうね・・・・
こんだけ公式を優遇したいなら公式はBREWでも使えばよいのですよ。Javaで動かすよりもずっと高速になるし公式さんもよろこぶでしょうに。

DoJa6.0。うん、これが一番しっくりくる呼び名。
幸いなことにDoJaとはバイナリ互換らしいので0X-Aの機種でもこれまでのiアプリはすべて起動可能のようです。

というわけでなんだかんだでiアプリを作る上ではなんの影響もないような感じです。。。。
うれしいような、悲しいような。

906iの購入を検討しよう。


■タッチパネル
オプションAPIにタッチパネルを扱うクラスがありました。
これはどうやら一般に使用可能なもののようです。
タッチパネルを用いてのゲームなんか作れますね~。
DS的なゲームが増える予感。ただしシングルタッチなのでゲームのジョイパッドの代わりにはさすがになりません。こすってみたり、叩いてみたり。

反射神経テストアプリというか、表示がでたところを押す!というようなアプリが登場する予感。
Go To 物置。
プロフィール

書いてる人:つん

まったりのんびり。書いてる人の息抜きブログです。

多分連絡先↓
metal_tsun@yahoo.co.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
バロメーター
Java歴:2005年2月から今まで。
3DCG歴:2005年8月から数年。
C歴:2006年4月から今まで。
VB歴:2007年3月からちょっと。
Delphi歴:2007年3月からちょっと。
PIC歴:2007年5月から数年。
イラスト歴:2007年12月から今まで。
DTM歴2008年2月からちょっと。
PHP歴2008年4月からちょっと。
C++歴2008年4月から今まで。
C#歴2009年1月から今まで。
Objective-C歴2009年4月から今まで。
CSS歴2012年5月から今まで。

ブログ開始日2005/10/11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。