スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iRemote公開開始

よーやく公開にこぎつけました!
解説ページ作るの思った以上に時間がかかった;

http://shizuku.iobb.net/~tsun/?page=iremote

ここからダウンロードできます。
もちろんPCからのダウンロードしかできませんので注意。
ケータイ単独で使えるものではありません。
.NETフレームワークはどうやら2.0でも動くらいしいので特になにもしないでサーバーアプリ起動できる人多いかも。

ベータ版につきいろいろできてないので各種情報表示は簡易的に左下に緑色で表示しています。動画モードなんかでは邪魔なので、起動画面及び動画モード中で*ボタンを押すとこれらの情報を消すことができます。

バグなんかは極力とったつもり。。。
PC側の高解像度ディスプレイに対応するため、セルサイズによって分割を決定するようにもした。
ただしあまりにも高解像度だとメモリ不足でうまく起動しないかもしれません。
そういうときは画像取得し終わる前に画質を下げ、ズームアウトしてください。
多分それで回避可能。

DDNSってどこでとれんのよって人のために↓
DynDNS.com
Dynamic DO!.jp
ieServer.Net

■既知のバグ
・サーバーアプリが突如落ちることがある。
・2重の接続があった場合はサーバーが落ちる。
・瞬間的に黒い画面になるときがある。


■製作後記
.NET様様な感じがあるこのアプリ。
ほぼ.NETの機能で作ってあります。フォームにしろhttpサーバーにしろ。。。
また画像処理系も.NETの機能なので重いかもしれない。
いつかは.NET使わないでC++とかで作ってみたいところ。

動画関連はまだまだつめられてない感じ。例えば150KB使えるのに最小で60KB程度のファイルしか作れないときがある。また150KBぎりぎりまで増加する場合もある。60KBのときはjpgの質をあげてより高画質にできるのに、使いきれてない。この辺つめれば画質あげれる。
それに7.2Mbps用のセッティングがN904iしかないからできなかったのも残念。
7.2Mbps用ならまだまだ高画質を目指せると思う。
それい音ないのもやっぱりつらいところ。絵よりも音のが重要な気がするなぁ動画モード。
ネットラジオや作業用BGMなり音がつくことで随分世界が広がると思う。

サブメニューがないのもつらい。これはユーザーが使用方法をすべて覚えないと使えないことを意味してる。。。使いやすさを考えればまだまだ改良点はある。
スポンサーサイト

iRemote公開前日

設定用スライダの取り付け完了。
画質に関しては5~100まで2ずつ調整可能。標準は50にしてあります。QVGAだと劣化が目立つのでお好みで調整してください。80くらいがちょうどいいと思われます。
左右で通常操作ですが上下でも10おきの設定をできるようにしてみました。

またズームもちゃんと実装完了。
100%以降はメモリの関係でPCにより拡大処理したものはつかえませんが縮小には威力を発揮します。左右によりそれぞれの区間ごとに設定してある値分増減します。
また上下では瞬時に50%、100%、200%、400%に移れるようにしてあります。

さらにスクロールロック中にはカーソル横に南京錠アイコンを表示するようにしてみた。

見てるだけモードのアイコンは作れてない。
どんなのにしよう。


起動時に即開始機能もつけた。また最小化したらタスクトレイに入るようにした。
即起動ONのときはファームを表示しないでタスクトレイに入る。
ただアイコンが半デフォのものなのですごくわかりづらいのが難点。
またタスクトレイに入ったアイコンはダブルクリックでフォームを表示するが、右クリックでメニューを表示するといった機能はない。
まぁこれでスタートアップに登録するとPC起動時にサーバーアプリも起動することができると。


動画モード中では通信スレッドの優先度を低くし、FPS安定を最優先にしてみた。
これはかなり有効だったようで同じコマ数とは思えないほど滑らかになり安定した。
通信の方も別に問題ない模様。
あと動画は今まで左上にぴたっとひっついて表示されているのを常にセンターに表示するようにした。
フルスクリーンのときも同様。なにもない部分は黒埋め。
余談ですがjpgはやっぱ実写が得意なようで、テレビ映像なんかは低画質モードでも十分な画質が得られることがわかった。ただガンダムOOに関しては薄暗いので得意。


他微調整としてはPCのカーソル位置を最初に取得し、そこから開始できるようにした。


ってなわけであとは可能な限りバグを取るのみ。
無事公開できそうな感じです。
さて、解説文の続きを書こう。。

iRemote 時間がない

まずい予告期日がせまってきた;
果たしてちゃんと公開できるレベルまでもっていけるのか。

アプリで仕上げ作業なんて久々すぎる。

一番めんどくさそうなスライダは後回しに着々と準備中。

■今日やったこと
・動画モードの領域選択時半透明の青いマスクを表示するようにした。
・動画領域選択をキャンセルできるようになった。
・動画中に画質重視・動き重視を変更できるようにした。
・動画モードからリモートモードに戻れるようにした。
・見てるだけモード中クリック・ドラッグ関連の操作をロックしました。
・操作モード中更新が発生しないバグを修正した。
・VGA用ログイン画面を作成した。
・QVGAのみスクリーンショットの撮影ができるようになった。(VGAはなぜかできない)
・拡大中に余計な画像を読み込むことをなくしてDL効率がよくなった。
・モード変更で各モードの画像類を破棄するようにしてメモリ効率をよくした。
・拡大縮小時非表示階層の画像類を破棄するようにしメモリ効率をよくした。
・アクティブウィンドウにロックしてあるときロック時使用しない6キー、9キーをそれぞれページアップ、ページダウンに割り当てた。
・各種情報表示用グラフィックが間に合わないので、デバッグ用に使っていた文字表示部を改良し見やすくすることでごまかした。
・リモートモードでDL可能最大サイズを下げてより迅速に更新されるようにした。
・サーバーサイドで動画スレッドが停止しないことがある現象を修正。

■明日やること
・各種スライダを作成し、拡大率、画質を調整できるようにする。
・解説ページを引き続き作成する。
・VGAにおいてスクリーンショットが取れないバグを修正する。
・見てるだけモード専用のカーソルを作成する。
・アクティブウィンドウロック時の専用カーソルを作成する。
・タッチパネル操作を実装する。
・なんとなくサポート掲示板を作成する。
・ドラッグ時と動画領域選択時のカーソル画像を変更する。
・サーバーサイドの起動時に即開始を導入する。
・サーバーサイド最小化でタスクバーに入るようにする。
・サーバー、アプリ両方のアイコンを作成する。

iRemote ウィンドウ操作

#キー割り当て予定のアクティブウィンドウオートリサイズを実装完了。
ぽちっと押すと自動で拡大率100%になり、カーソルが左上に移動、そしてアクティブウィンドウも左上に移動し、サイズが携帯の画面と同じになり、さらにはカーソル移動による画面スクロールがロックされます。
この状態では縮小は100%以下にはできないようになってます。
(カーソルの移動できない領域表示しても意味ないというか。)

ケータイの画面中でなんでもやるモードというか、遠隔フルブラウザのような間隔。
この状態で横画面切り替えするとリサイズしなおしてくれるので常に携帯画面にウィンドウがフィットします。

つけてみてわかりましたが、この状態が一番便利な気がするw
用途としてはフルブラウザもどきを考えていたのでまさにその通り。
スクロールをロックすることで画面も動かないからほんとフルブラウザな感じ。

まぁレスポンスはかなりわるいですけどね;
ウィンドウのスクロールが結構重い処理になるので仕方ない。


■動画モードjpgクオリティ可変
jpgはどうにも全体的に白っぽいものはサイズがでかくなる傾向がある感じ。
30枚の画像で暗い画面では80KBでも白い画面では150KBを超える場合もある。
この変動は120KB程度をできる限り使って高画質を維持したい場合はつらい。

なのでサイズのでかい画像は画質を下げるような機構をつけました。
下げすぎて100KB程度で安定しちゃってる感じがありますが、150KBを超えることはまずなくなり、なんとか安定して再生できるようになりました。150KBぴったりではダウンロードにかかる時間もギリギリになるので100KB程度に抑えるのがいいっちゃいいかも?


■領域選択
動画領域の選択が可能になりました。
見たい部分を選択すると数秒後に動画が始まる。
ウィンドウなんかは色の関係かうつりこむとサイズが大きくなるので画質を落とすことになってしまうので、可能な限り動画ぴったりなサイズを選択すると吉。
もちろん全画面選択して画面全体を常に表示することも可能。画質わるすぎてなんもみえんけど。


■解説
今日も解説書き足し中。
めちゃくちゃ複雑ですな;

東方星蓮船 ktkr

いやはや、きましたね。今年も東方新作発表の季節なんですなぁ。
毎年新作とは神主恐るべし。作ってみて思いますが生半可なことじゃないです。

「記念すべき東方Project第12弾 東方星蓮船」

で、まずおめでとうございます早苗さんw
神主が現人神という理由から参戦を避けられていた早苗さんですがついに主人公格に昇格!
地霊殿の場合はストーリー上ボスなので参戦無理だったというのもあるとおもいますが、
いやはや、なんだか各所の声によって昇格した感じがありますなw

7時くらいから「早苗 自機」で検索してくる人増えすぎて吹いた。

早苗さんドット絵は新規なので神主作のもののようですな。
永夜抄以前のようなそんな香りがただようドット絵です。


ストーリーは相変わらず予想できないw
UFOが各所にあるんですが、敵は七福神とみせかけた宇宙人?w
とりあえず天にのぼりそうなので衣玖さんが登場するかも?(ねーなw)


システム面では自機スペル復活。
スペカゲージが新設されているのでボム撃ちはこちらを消費するのかもしれませんが、
そのSSでもパワーがMAXでないところをみると霊力(パワー)も同時に消費しそう。
ボム絶対数はスペカゲージにより決まっているといった感じでしょう。
点符は廃止?なぞのUFOアイコンに置き換わっています。謎すぎるw

しかしこのタイプのUFOも幻想入りかぁ。


それにしても、今回の立ち絵はなんかいいw

iRemote 解説テスト

サイトの方にきっちりと解説しないといけないので、
土曜までにこの記事にゆっくりとまとめていって公開日になったらここからコピペで公開完了ってことにする。

めずらしく追記ってのを使ってみよう。


■ってか
mobile2PCの動画モードを眺めてましたが、公式サイトには最大25fpsでるってかいてある。。。
使ってみたがどうみても5くらいしか出てないのだが。(数値的には妥当なのだが。)
150KBに75枚とかjpgがモザイクの白黒になっちゃいますよ。

もし7.2Mbps用のセッティングとして1秒で150KBのDLが終了するんだとしても
150KB25枚。うそん;音とか絶対いれれないし。

しかも25fpsだせたとしても多くの機種の画面更新周期が30fosだから15とか20の方がなめらかにみえると思われる。。。なんなんだ25って;


ちなみに本当に見ため通り5fpsしかだせてないんなら納得。
計算合う。

続きを読む

iRemote ニューロポインター対応

ニューロ対応しました。
PointingDeviceの傾き値でコントロールしてるのでタッチパネルは対応してません。
ただ使い方はわかったので対応することもできるはず。
タッチされている部分を毎回取得して移動した座標分スライドさせるにくわえてポインタをそこにあわせればいい。多分。

ニューロは初めて知りましたがあんなにぐりぐり動いても速度は2段階しかとれないんですな。
ただし向き検出に特化してる感じでかなり精度は高い。

使い方はニューロはジョイスティックモード、タッチパネルはポインタモードで使うみたい。


■動画モード
秒間10枚の設定も探してみました。
3秒間に秒間5枚のときよりもサイズは低くても、
性能が低いために再生で処理落ち、DLも結構ぎりぎりという状況。
最近の機種ならなんら問題ないでしょうが。
DLが追いつかない場合、バッファ10個分(30秒分)が埋まった場合15秒スキップして無理やりバッファをあけることにしました。これでまぁ一応とまらないとおもわれる。

■公開までに必要なもの
土曜には公開したいからまずは公開に必須なところを攻める必要がある。
明日中に機能類はすべてそろえて、金曜土曜でバグ取りをしなくては。

以下あと必要なもの一覧
・VGA用ログインメニュー
・調整用スライダ
・アクティブウィンドウ自動調整
・見てるだけモード表示アイコン
・動画モード領域選択
・動画モードからリモートモードに戻る処理
・動画モードの高画質・低画質の切り替え

ざっとこんなもんでしょうか。
サブメニューは今回はやめときます;
つけたらつけたでファイル転送とかいろいろつけたくなりますし;
ショートカットのみ操作になって覚えるのめんどいと思いますが、
しばらくはこれで我慢でしてください;

3秒150KB

いろいろ試したが3秒150KBちょうどダウンロードし終える程度ということがわかった。
毎秒5枚3秒間分を150KBに収まるようにすし、ケータイでダウンロードさせるとうまいこと3秒経過するまでに次のファイルをダウンロードし終える。
PC側のバッファも工夫が必要だったようで、ケータイが余裕あるとき常にダウンロードできる状態でなければならない。つまりひとつファイルを作成し、もうひとつ作り終えてからムービーモードを開始する。

作成スピードは必ず3秒で、再生にも必ず3秒かかる。ただダウンロードは2秒で終わる。
うまくいえないが作成側のバッファを多めにとってあれば大丈夫。

ってなわけで3秒間を150KBに収めれれば中身はなんでも大丈夫。
超画質:毎秒3枚9枚(jpgクオ80)
高画質:毎秒5枚15枚(jpgクオ50~60)
普通画質:毎秒7枚21枚(jpgクオ30)
低画質:毎秒10枚30枚(jpgクオ20)
ぬるぬる:毎秒15枚45枚(jpgクオ10)

あくまで例です。
音をつけるなら低画質の枚数を半分にしてあまった部分に音。
超画質といっても元画像サイズの最大サイズを240x180にしているので大した画質でもない。

拡大表示にも対応して、ニコモバのように横表示で見れます。
しかしN904iじゃスペック不足で毎秒10枚拡大表示きびしいw

明日は拡大率調整のスライダー実装しないと;

iRemote 動画モード2

まだ領域選択はできませんが動画モード搭載できました。

まずは10FPSでやってみてます。
10FPSっていっても結構滑らかに動いてくれます。
ただ設定が難しいですね。

何枚をどのくらいのクオリティで送信するか。

今は2秒分20枚を2秒に一回きっちりダウンロードできています。
最初1秒分10枚を1秒間にダウンロードさせようとしましたが、こちらは不可能。
接続自体の速度とHSDPAの最初は速度がでないっていう特性上無理。
なのでできるだけ長い時間のものを150KBいっぱい使ってDLしていくのがもっとも効率がよいと思われる。20枚で現在70~80KB。3秒30枚ならもっと安定するかなぁ。
3秒30枚で安定するようなら画質をあげることもできる。

ニコモバとかは4秒低画質20枚に音って感じがするなぁ。
低音質のときフレームレートがあがるのは150KB制限のせい。

4秒40枚高画質いけるかな。
音がない分画質はだしたい。

iRemote 動画機能1

土日に公開するといっておきながら新たな機能に着手。。。。

動画機能ですな。
音までは送れませんが、将来的にはケータイでPCライブ中継ができるようになればおもしろい。。かも?音もそのうちつけたいですね。

まずはサーバーサイドから作りました。
同一クラス内にさらにガシガシつけていくというなんとも不細工な取り付け方法ですが、とりあえず完成したような気がする。ケータイが絶え間なく動画を表示し続けられるような機構はまだない。
最大10秒分のバッファを蓄えるようにしてみました。10秒バッファを超えるとタイムアウトとして強制的に通信きります。理想はZIPができたそばから次々DLされていくような状況で、10秒バッファをフルにつかっている状態はあってはならない。常に1秒分のバッファの確保がうまくできればラグが最小でかつ動画もとまらないいいものができる。

アプリ側はまだ付け加えてない。
まぁ常にDLして暗号解読、画像読み込みっていうやることはかわらないのであんまりやることはないと思う。ただメモリの関係でリモート用の画像を一回全部破棄したり、動画モードの開始を通知したり、準備作業が一番大変そう。


■アプリの規模
東方らしきものとくらべればサーバー、アプリどっちも大した規模じゃないです。
行数で規模を語るのはナンセンスですが、
アプリ:1500行
サーバー:1500行(フォーム関連除く)
くらいなもので実はどっちもあんまり変わらない。

東方らしきものなんてユニット制御ひとつでこんくらいあるw
Go To 物置。
プロフィール

書いてる人:つん

まったりのんびり。書いてる人の息抜きブログです。

多分連絡先↓
metal_tsun@yahoo.co.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
バロメーター
Java歴:2005年2月から今まで。
3DCG歴:2005年8月から数年。
C歴:2006年4月から今まで。
VB歴:2007年3月からちょっと。
Delphi歴:2007年3月からちょっと。
PIC歴:2007年5月から数年。
イラスト歴:2007年12月から今まで。
DTM歴2008年2月からちょっと。
PHP歴2008年4月からちょっと。
C++歴2008年4月から今まで。
C#歴2009年1月から今まで。
Objective-C歴2009年4月から今まで。
CSS歴2012年5月から今まで。

ブログ開始日2005/10/11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。