スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルHDディスプレイ購入

メインノートの解像度の不足感がでてきたので、ついにフルHD液晶購入!
IO-DATAの1万5000円の安物ですけどね~。

さらにUSBキーボードも購入して、これらをノートPCとつないで擬似デスクトップ環境を構築してみました。これでメインディスプレイ(1920x1080)とサブディスプレイ(1280x800)、なかなかリッチな気分。
キーボードはノートPCにももちろんついてるわけですが、そうなるとノートPCの画面を正面にしないとならなくなるので、フルHD側をメインに使うなら必須と思い購入。液晶とキーボードの距離を自由に変えられるのにちょっと感動しました(ノートでは固定になっちゃうからね!)。

フルHD、安いといえど新しいものはやはり綺麗なもので、3年使ってるノートPCの画面の黄ばみっぷりに改めて気づかされる…デフォでは高コントラスト、高輝度、ガンマ低めで白!まぶし!ってな感じでしたが、この辺は設定でどうにでもなるものですな。(画面の設定だけでなくWindows側の設定もいじらないとならないですけど。)
ノートPCの関係でDVIではなくD-Subでの接続でアナログゆえ本来の実力は発揮できてなさそうなのが残念ですけど、とりあえず大画面に満足。でかいってすばらしい。ノングレアすばらしい。


1920x800もあればVisualC++開きつつニコニコとか余裕だし、メッセ関連はサブディスプレイに表示しとけばとっても見やすい。16:9の画面だから見た目的には縦が短いけど、前の800から1080に大幅アップなので狭いとは思わない。逆に横長なのでソースファイルを並べてみる分には見やすくていいかも。IEの設定も文字サイズ中でちょうどいい。

このディスプレイはスピーカーもついてるんですがこっちはひどくて笑ったw
おまけ程度で重要視してなかったからいいんですけど、こもりまくっててどこか遠くの方から聞こえるような感じで常用にすら耐えないw 音楽用途でなかったら使えるかも?とは思ってましたが、それすらだめっぽい。ノートPCの内蔵スピーカーに完敗。(今度スピーカー買おう)

フルHDの動画ってのに期待してみてたけどだめだったw肝心のノーパソのスペックがまったく追いついてないw動画の遅れがはんぱない・・・。
最近のチップセットにすら劣るそうなGeForce Go 7400。このノートもうAtom330+GeForce9400M構成に性能で完全に負けてるだろうなぁ。

東方も最大化でエラー。原因不明;地霊殿以前の東方がやりにくい。困った困った。
スポンサーサイト

続・今後のiRemote

今後やりたいことをまたメモっておく。

<リモートモード関連>
□リモートモード中で音声再生(ただし低速、音ブチブチ)
□画面更新順の見直し(現在カーソルから円形。ケータイのディスプレイにあわせる)
□マルチディスプレイ対応(デスクトップ切り替えツール使えばいいような…)
□高速更新(Dlサイズを押さえ高速レスポンス化。ただし全体更新には時間がかかる)
□クリック時高速レスポンス(クリック後初回のDLサイズを低くする)
□PCのファイルをSDに転送、またはSDからPCへ。(mobile2PCと同一機能)
□ショートカットデフォルトにエンター追加(ないと不便すぎる)
□ショートカットカスタマイズ(特殊コマンド入力とかも)
□フリップ向きを4方向化(十字キー向きも自由に)
□iアプリ通信状況表示(停止したらすぐにわかるような工夫。アイコン点滅とか。)
□グレースケール化による高速レスポンス(jpgなので10%減程度の効果しかないけど)
□解像度変更自動検知(解像度監視機能。自動全リロード。)
□画面更新完全手動化機能(iscreenと同等の機能。節約用)
□表示領域外更新停止(画面に入っている部分を徹底更新モード。節約用)
□描画フレームレートの設定(現在は固定。カーソルの移動に影響。節約用)
□アクティブになったウィンドウに自動移動
□Google検索窓をアプリ側に設置(PCの標準ブラウザ展開)
□メニューの多階層化(マニアックな機能ほど奥へ)
□領域制限(指定部分のみ更新するようにする。節約用。音声追加で効果発揮予定。)
□コピー中のURLをケータイブラウザで開く
□ソフトキーラベルの表示方法に[移動中非表示]を追加する
□PCで拡大画像生成(美麗化。メモリが厳しいの200%くらいまで)
□動画領域サイズにDVDサイズなどを追加する
□アクティブウィンドウフィット時にブラウザ[戻る]、[進む]も割り当てる
□データデコードを別スレッド化(ハイスペック機種向け。通信高速化?)

<動画モード関連>
□動画1パックの秒数の可変化(→高画質化)
□再生速度可変でのバッファ消化機能
□バッファクリア機能(サーバーにバッファがたまったら自動で)
□100%・200%サイズで再生(めちゃくちゃちっさいけど)
□動画モードでもクリック。(すごいラグだけど)
□設定変更時にバッファリング画面を入れない。(動画途中で切り替わる)


なんか前より増えた。

ver0.8.8beta公開

バージョンアップ。0.8.8になりました。
今回は

・3gpなどのストリーミング再生に対応

くらいなものです。
多分仕様MAXの10MBまでいけると思います。500KB以下は通常のi-motionとしてDLさせようとしていますが、試してないのでどうなるかわかりません。途中中断かけてもサーバーがレジュームに対応したので再開をかけることもできます。500KBオーバーのpdfでも500KBオーバーi-motionと同じ扱いになるらしく、一応DLをすることは可能のはずです。
htmlなどさらにそのファイルに付随するファイルがある場合はDLを認めていないので表示することはできません。要望があれば対応できると思いますが…

尚、レジューム対応させる関係で、一回きりという制限がなくなりました。
リモートモードに戻るまではなんどでも更新でひらくことができます。
ダウンロードしきったらロックをかけるとかも考えましたが、その判定も結構微妙なもので。。。
まぁ一度リモートモードにもどってしまえば、ファイルにアクセスはロックされるので、ファイルを開いたあとは必ずリモートモードに戻るようにしてください。

そんなこんなでこちらの修正をしているうちに時間がなくなってしまった;
リモートモード中で音は次実家に帰ってくるまでつけることができなくなりました。
サーバー側は形になっていただけにおしい。

実家じゃなくてもできるのはショートカットカスタマイズくらいですが、めんどいので多分やりません。やるといってもよっぽど気が向いたときでしょう…


■着うたフル
着もとというツールを使えば3gp形式のファイルを着うたフル対応のmp4ファイルにすることができます。それを使ったファイルのダウンロードを試したところ、無事にダウンロードできミュージックフォルダに入ってくれました。iモーション扱いじゃないものもいけそうですね。

ってかmp4とかMINEタイプ設定していないのだが・・・MINEタイプの設定なんていらなかったのかなぁ。

■続・着うたフル
5MB制限があるようですね。
着うたフル化した場合はmp4化も行わなければ再生できません。
MINEタイプは関係ないらしく、着うたフル化していないものに関しては拡張子3gpのままでも音声のみ再生が可能でした。
なんだか複雑な感じですが、ここらはドコモの仕様っぽいですな。

□着うたフル
1.携帯動画変換君で5MB以下の音声のみの3gpを作成する。
2.着もとで「着うたフル化」をする。
3.着もとで「拡張子をmp4」にする。
以上でiRemoteでも開ける着うたフルファイルになる。

□着うたフル以外
1.携帯動画変換君で10MB以下の動画ファイルを作成する。(音声のみでも以外でもかまわない。)
以上でiRemoteでも開ける動画or音声3gpになる。

あくまでもF-01Aでのしか確認していないので注意。

ストリーミング対応

どうやらRangeRequestというものを実装すればストリーミングできるらしく、
こちらのブログさんの記事を参考にしたところようやく対応できました。

その他ドコモ公式サイトより必須なヘッダの情報なり調べたり、C#でデフォでどこまでヘッダを作ってくれてるのかを調べたりしたところ、無事対応することができました。現状は3MBまでのストリーミングは確認済み。10MBまでいけるそうな。

その他MINEタイプもいろいろとふってみた。
pdfとかswfとかも設定しておいた。何か使い道があるかも?
htmlも設定してありますが、画像の追加DLとかは認めてないので画像なしの状態で見えると思います。
3gpは拡張子だけではaudioなのかvideoなのか判別できないんですけど、とりあえずvideoってことでいいのかな?


しかしこの辺はApacheをサーバーに使ってれば全部自動でやってくれるんだよなぁ;

ストリーミングサーバー

3gpのストリーミング再生できない理由がいろいろ調べたらわかりました。

そもそもストリーミング再生ってのは一続きにファイルをDLしているんじゃないようで、HTTPのRangeヘッダで部分部分指定してダウンロードしようとするようです。
C#に簡易サーバー機能があるとはいえ、さすがに「ヘッダーを調べてファイルの一部分を返す」っていう微妙な機能は有していないので自前で作る必要があるようです。

現状ではさらにファイルに対して一回のリクエストしか受け付けないようにしているってのも引っかかっています。Rangeヘッダを変えて複数回アクセスしてくるわけですから、3gpストリーミングの場合は複数回のアクセスも認めるようにしなくてはなりません。
3gpのみこういう処理を追加してみましょう。

(Rangeヘッダをみるに初回DLでファイルサイズが数MBと記述されていた場合はヘッダのDLで端末側が止め、2度目のアクセス以降で動画ダウンロードに移るようです。しかし2度目のアクセスで2MBのファイルなら残りすべてをDL使用としてるみたい。。。まぁよくわからんが端末の要求に答えていけばストリーミングいけるかな。)


■リモートモードでの音声
接続がきた瞬間の直前2秒音声ファイルを作り、それをアプリの送信、受信したら速攻音声を再生するようにしてみる。サーバー側は2秒間隔以下での再アクセスがあっても待たせる。
これを永遠と繰り返せばつなぎ目はぶちぶちだろうけど、音声ラグを3秒程度に抑えつつ、2秒置きに操作もできるようなものにできそう。
音声はバッファ持たせたり、音声ファイルの長さを可変にすればつなぎ目を綺麗できるかもしれないけど、ラグを減らすってのを目標に今回はやってみる。2秒ってのがキモでたとえ更新が遅れても必ず2秒分なので容量を圧迫しない。遅れたたぶんその部分の音声が途切れけど、それはそれでいいような?

容量を通知してないからでした。

ダウンロードしきれるかわからない旨のメッセージが出るのは、サーバーがブラウザにファイルサイズを通知していないからでした;バグ報告のメールありがとうございます。

C#のHTTPListenerは便利なもので、ちゃんとHTTPヘッダーも編集可能でしっかり対応できました。
MINEタイプとかも当たり前のように設定できるのでストリーミングモードで再生させたりとかもできるようになりそうですねぇ。(ヘッダーの設定とか今まで知らなかった…はずかし。)
しかしMINEタイプはどうやって通知しようか。
拡張子でjpgなどの画像類、midiとかの音声類、i-motionは一定サイズ以下なら通常、一定以上ならストリーミングさせるようなヘッダーにしてしまえばいいのかなぁ。
こう設定すると確実に種別不明なものがでてくるけど、これは無視でいいのだろうか。

で、対策版0.8.7を公開。最近公開間隔めっちゃせまい…
あとは明日中にリモートモードに音をつけれるようにして、あさってバグとりすればおk。

ver0.8.6公開

公開開始。遅くなりました。ページをアップロードしてからなぞのバグが発生してました。

・ブラウザでファイルを開く機能を追加
・動画モードでの音量表記の修正

このくらいです。動画モードで音声モードでの音量がでていたそうなので修正。
ブラウザでファイルを開く機能が今回のアップデートのメインですねぇ。

■使い方
リモートモードでブラウザで開きたいファイルのアイコンの上にカーソルを合わせる。
メニューを開いてブラウザで開くを選択する。

これだけです。うまくいけばURLを開くかどうか端末側が聞いてくるのでOKを押してください。
どんなファイルであろうがとりあえずブラウザはファイルを開こうとします。
非対応ファイルであれば文字化けしたデータとかみえちゃうので注意してください。

テキストファイル、画像(jpg, gif)ファイル、動画(3gp)ファイル、音楽ファイル(mid,mld)なんかが開けると思います。

戻るときは普通にブラウザを閉じ(電源ボタンやクリア)てください。
iアプリ裏でのブラウジングに対応していればそのままリモートモードに戻ります。
非対応の場合は待ち受け画面まで戻ってしまうと思いますが、最近の機種なら無事にリモートに戻れるはず。

ファイルが選択されていない場合はブラウザが開かず無視されます。
フォルダなど非ファイルを選択していた場合は一応ブラウザで開こうとしますが失敗します。
このときサーバーではエラーを吐いて再起動しますが、端末側ではブラウザを閉じてほっとけばリモートに復帰できるはず。


さて、次はリモートモードに音、ですな。


■バグ?
テスト中にブラウザで開こうとしてもパスが取得できず、失敗しコントロールキーが押しっぱという扱いになり、またOSを再起動するまでブラウザで開く機能が必ず失敗するという減少が起きました。

ファイルをブラウザで開こうとした瞬間に[シングルクリック→ctrl+c]を発生させ、クリップボード内からフルパスを取得しているんですが、コントロールキーの離すイベントが発生しないために起こっているのだと思われます。っていってもSendKeysには押す、離すがセットになってるものしかないんだけど、、よくわからず。(起こったときは妙にPCが重かったし、なんかいろいろなことが重なって起こったのかな。。。)
もしも起こってしまったら、PCのコントロールキーを一回押せばとりあえず押しっぱという状況から抜けられますが、リモートソフトでそんな対策はありえんしなぁ。かといってサーバー側にキーを離すイベントを適当に発生させるとかか。。。おこってしまったら囲以後のSendKeysで100%押しっぱになる現象が起こるし、うーむ。。。

3gpも一応開けた。

500KB制限内のi-motionであればDLして再生することができることを確認しました。
もちろんただwebからのDL扱いなのでそのまま端末に保存することもできます。
2MB制限というストリーミングタイプのi-motionはHTMLにタグいれてそれを読ませないといけないそうなので現状ではできない模様。(いや、しかし確認してないので実際自動でストリーミングになるやもしれないし、また制限もよくわからない。)


■インスタントURL
ファイルDL時に一回のアクセスのみ有効なインスタントURLを生成しますが、最初PC、ケータイで、共通の乱数ジェネレータを持たせてるのを利用し、それぞれがURLを作って通信内容にURLを入れないようにするつもりでしたが、なんかできなかった。(タイミングの問題なので見直せばできるのだろうけど。)
結局サーバーがURLを生成して、それを暗号化してiアプリに教えるようにして対応した。
暗号化、インスタントURLともに飾りみたいな暗号化システムですけど、なんかちょっと悔しい。


■3gpの再生の際
F-01Aでは3gpを開こうとするとブラウザがこのファイルが開けない可能性がある旨のメッセージを吐くようなんですけど、そのとき一端強制的に接続を切ってくるようです。

インスタントURLの特性上二回目の接続ができないってのと、強制切断によりサーバーアプリがエラーを吐いて自動再起動に入ってしまうという二点が若干難しい。
DL中強制切断があった場合はインスタンスURLの2回目のアクセスを認めるようにしたけど、その動作が微妙で、すぐに再接続こられるとサーバー再起動が間に合わなくてファイルを見れない場合が出てくる。1~2秒まてば確実に接続できますが、なんとかしたい。

画像やMIDIを開くときはこのメッセージは出ず、なんの問題もなくファイルを開くことができます。


なんてことはなく凡ミスだった;なんの問題もなく3gpもいけるようになりました。多分。

ファイルを直接ブラウザで開く搭載完了

リクエストあった機能搭載完了しました。
jpg画像やらmidiファイルをしっかりと開けます。
多分3gpのストリーミング再生もできるんじゃないでしょうか。
試してないのでなんともいえませんが、これでまたひとつできることが増えたというか。

…ここまでやりたい人なら別にケータイで無理することないんじゃね?とか思ったりもしますが、作ってて楽しいからまぁいいや。

一応明日にでも公開してみます。ただちょっとだけセキュリティに難があるかもしれないので注意。


カーソルを開きたいファイルのアイコンに重ねてアプリ側でメニュー、ブラウザで開くとやれば、iアプリの裏でブラウザが起動し、そのファイルを見ることができます。
ファイルのアクセスには有効期限一回きりのインスタントURLを生成するのできっとセキュリティも大丈夫。

実家に帰ってきたぞ!

風邪はベンザブロック飲んだら直りました。
ってか単に前日徹夜してヘロヘロだっただけかも。

で、ちょうど研究室の日程があいて、かつ院試前に帰れそうないい感じの期間だったので実家に帰ってきました。日曜かえるとおもいますけど、数日間iRemoteを動作させることができます。

で、ぱぱっと動作確認したところ、音声モードでの音量表示おかしいですね;
動画モードのほうの音量がでてるような。

それ以外はおもった以上に良好。バグが本当に減ってて驚いた。
一回音でなかったけど、それはPC側の設定でマイク入力になっていたためで、ステレオミキサーにしたらすぐになおり一安心。


さて、まずはPCにあるファイルをケータイブラウザでひらくって機能でもつけましょうか。
iアプリからのブラウザの起動はIApplication.launch(int target, String[] args) でできるみたい。
903i以降の一部機種ではiアプリを閉じないでもブラウザが開けるそうなので、それに対応してる機種はそれを使うようにしましょう。アプリ再起動とかめんどうですしね。。

「ファイルをブラウザで開く」
をリモートモードのメニューに場違いだけどとりあえず設置してみるか。

仕組みとしては、
まずファイルをブラウザで開くを押したら、サーバーにまず選択中のファイルが存在するかを聞く。
で存在し、かつケータイで開けるファイルの場合はフルパスを返す。ケータイが指定URLでサーバーにアクセス。サーバーは指定URLに含まれるフルパスを解釈してファイルを返す。
こんなんでいいはず。ここで指定URLはフルパスと固体識別番号、パスワードをくっつけて暗号化したもの。
要はケータイ側はフルパス指定でPC側のファイルに触れれるわけだが、、なんかちょっぴり怖いな。。iアプリにフルパスを登録するスペースを作ったら、それを選択するだけでファイルが開けるようになったり、しそうなもんだが。どうだろ。

風邪引いた

うーむ、急に気温が上がったからか軽く風邪引いたかも;熱がある…
まったく集中できないのでプログラミングなんてやってらんない。

ので、次やりたいことを整理していこうと思う。

■やりたいこと
・動画1パックの秒数の可変化
現在のバージョンでは1ブロック=3秒(=150KB=iアプリの制限限界)で固定しているが、この秒数を可変化してみようという作戦。つまり1ブロック=2秒とかにして150KBにいれる画像枚数を減らして高画質化するということ。実際1秒も短縮したら再生時間アプリ側のバッファがたまりまくる現象もあるけどこれはDL時間<再生時間ではなくたんに再生時間が誤差により3秒オーバーしてるせいかと思われる。逆に再生時間が3秒を下回るとサーバー側の生成が追いつかず、結局カタツクことになる。こればっかりバッファがたまってきてしまったらほんのちょっと再生速度をあげるしかない。
なんだかバランスがややこしいけども、結局のところDL時間<再生時間を保てる最小の再生時間がもっとも高画質になる。

・リモートモード中で音声再生
ずいぶん前から書いてるけど、これはいけると思う。
ただしDLした片っ端から画像描画と音声再生をやっていては、DL時間にはムラがあるわけだからその差異により音声が安定して再生できない。これを解決するにはやはりバッファが必須となる。ただしバッファをとりすぎると再生がおくれまくったり、操作できるほどのレスポンスも得られない。
なのでバッファは2秒分と考えている。2秒でどれだけのサイズをDLできるのか実際よくわからないけど、現在最大DLサイズは70KBに縛っている現状で0.5fps程度(2fps程度でる状況は数KBの通信しかしていない)でているのならば、16KHzモノラル2秒分が15KB程度というのを考えると、画像のDL枚数を減らしたりクオリティを削るなどしてその15KBの隙間を作ってしまえば2秒遅れ程度で操作可能、4秒遅れ程度(バッファで操作よりも遅れる)で音声再生可能の状況を作れるのではーと思う。
クオリティを切り詰めればバッファ1秒で~というのも可能、かもしれない。ただし150KB制限ギリギリまで使わない=非効率なので、クオリティと操作性を両立するのはやはり難しい。

他にも方法は考えられ、サーバーはアクセスがあった瞬間に音声ファイルを再生時間可変で作成するようにすれば、(DLを開始する時間-前のDLを開始した時間)が音声ファイルの時間になり、DLが終了した片っ端に再生していくというもの。しかしこちらはDL間隔が広がれば音声ファイルサイズが増えていき、さらにDL間隔を広げてしまう可能があって不安定そう。同封する画像枚数の可変の仕方がすごくないそうだが、、やってみないことにはわからないなぁ。

・PCのファイルをケータイの内蔵ブラウザで開く
メールで要望あったやつです。cell4winみたく直接内蔵ブラウザで開けるとmidiとかDLできて便利だぜ!っていうことらしい。確かにこれができると3gpファイルなんかはストリーミング再生できるようになるわけだから動画[ファイル]を見る分にはいいかも。さらにファイルサーバーっぽく使えますし。
これができる=SDにファイル転送もできるようになります。
この機能のポイントはカーソルで選択中のファイルのフルパスを取得するという点。
どやって取得するのかいろいろ調べたところコピーをすればクリップボードに省略系のフルパスが入るのでこれを元にフルパスを取得、特定のURLでそのファイルにアクセスできるようにサーバーアプリを改造すれば見事内蔵ブラウザでそのファイルを開くことができます。
SD内にファイルを転送するってのもフルパスがわかってしまえばサーバーが150KBずつバイトデータをそのままiアプリに送信、iアプリは開いたストリームにそれをひたすら流し込むことで実現できます。

・ポート自動開放
UPnPとかいうルータ機能を使えばプログラムからポート空けれるらしい。
どうやってやるんだろう。でもできると便利。
しかしUPnPCJを使えば簡単なんだし重要度は低そうだなぁ。

・マルチディスプレイ対応
iRemoteでやってることなんてただSS取りまくってるだけなんですけど、要はその撮影先を変更するだけいける。カーソルも多分だけど数値がかわるだけだとおもわれるのでさして複雑なことはない、はず。

・GPUを画像圧縮に使う
CUDAが使えればいいんだけど、自分のPCでは使えず。
ただしOpenGLは使えるので、これでなんとかできないかなぁ。

・リモートモードでピンポイント高速更新
要はリモートモードでも動画モードのように最大DLサイズを変更できるようにしようという話。
現在は70KB固定ですが、小さくするほど更新できる枚数は減りますが、カーソル周りの更新は高速になります。カーソルをあんまり移動させないなぁ、と思うときあるとおもうし。またこれと通信間隔を調整することで通信時間を大幅に削り電池を持たせることもできるとおもいます。

■やれること
・ショートカットのカスタマイズ
こういう設定は必要だと思うけど、設定にはメニューなどグラフィカルなインターフェースが必須。
カスタマイズ自体はできるとおもうけどこの辺のメニューを作るのが苦手。
メニューの階層構造とか、またメニューの見栄えとかなかなかに骨の折れる作業。
でもつけないと使いづらいですよねぇ。

・画面回転の自動取得
サイクロイドとかそういうので画面を回転させたら自動で横画面に切り替わるようにしよう!っていうもの。専用のAPIがあるので、回転の探知から回転後の描画までできるはず。ただし自分のケータイは画面が回転したりなんかはできないので、試せないのがつらい。それに非対応機種に対する対応がめんどう。存在しないAPIも例外処理使えば非対応機種でも呼べたような気がするが、それは同世代機種間の話で新しいAPIを古いAPIでは呼べないとおもう。
もうひとつ重力を検知してーってもの。iPhoneでは頻繁にみるやつ。ボタンを操作せずともケータイを横にすれば横画面。これなら自分の機種でもできる。

■やりたいけどできないこと
・リモートモードで動画モードばりの滑らかさを得る
リモートモードでは操作性を確保するためにバッファを持っていない。
DL時に取得した画像を速攻表示している。なので1/DL時間がそのままfpsになるというわけ。
で、そのDL時間、その間中安定して7.2Mbpsでるならすごい高fpsになるわけど、非ストリーミング、非キープアライブしばりゆえ、一回の更新で再接続が必須でそれに数100msかかえい、くわえて一回のDLには150KB縛りが存在するので最大速度に到達する前にDLが終わる、などなどの影響により、今のリモートモード程度の最大fpsしかでないのが現状(2fps以下程度)。ゆえに回線速度を上げるに上げても現iアプリの仕様では1/(再接続時間(0.5秒以下程度)+実DL時間)fps≒2fpsが限界というわけ。

・動画モードをストリーミング再生で
Orbというソフトを使えば携帯のネイティブプレーヤーを使ってストーリーミング再生ができるとか。
ならiアプリでもこれを!って考えるけど、iアプリ向け動画コーデックとか作れそうにないし、処理速度的にも無理。。。もしもiアプリ向け動画コーデックとそれの対となるサーバー向けエンコーダがあれば可能だけど、相当の手練じゃないとできません。
ならばネイティブプレイヤーを使うという方法。こちらはiアプリ向けコーデックを用意する必要はありませんが、そのプレイヤーで再生できる形に変換するためのサーバー向けエンコーダが必要。簡単にストリーミングやるためのdllとかあるんかなぁ…まぁ動画みたきゃOrbですな。

・DNSサーバーの用意
この手のアプリで最大の障害はこれでしょう。
mobile2PCでは有料ゆえDDNSサーバーレンタルサービスがついてるので、この存在を意識せずリモートアプリを導入できる。さらにDDNSを持っていると自由に対応する数値IPを変化させることができるので、それを利用したいろいろなこともできるようになる。

iアプリでは数値IPへの直接接続ができないのが原因、ドコモの仕様。
DNSサーバーが用意できれば楽勝!って話ですが、んな金のかかることはできません。

・仲介サーバーの用意
これがあるとポートがあければい環境であろうともリモートを実現できるようになる。
というのもPC側がサーバーになる必要がなく、普通のアップロード扱いになるため。
ただしPC同士ならUDPパンチングなるものでP2P接続にもっていくことができるそうですが、相手がケータイだとソケット通信ができないので常にサーバーを経由せねばならず、サーバーにえらい負担がかかるようになる。よって無理。

・WOL対応
これ実際はiアプリ単独では不可能なんですよね。
ソケット通信を用いて特定のパケットを送信することができないから。
なので、これに対応してる~ってアプリはサーバーが代行して送信してくれてるわけです。
iRemote単独では対応不可能なので、こういうのはWOLを使うことのできるサイト(サーバー)があるので、そちらを使ってください。


ふーむ、いっぱい書いた。
どーせ全部実現とか飽きて無理だけど、、何個くらいいけるかなぁ。
とりあえずポートがあけれない現状ではやれることは限られてるか。
0.8.5betaおいときました。Windows7でもちゃんと終了できるバージョン。
Go To 物置。
プロフィール

書いてる人:つん

まったりのんびり。書いてる人の息抜きブログです。

多分連絡先↓
metal_tsun@yahoo.co.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
バロメーター
Java歴:2005年2月から今まで。
3DCG歴:2005年8月から数年。
C歴:2006年4月から今まで。
VB歴:2007年3月からちょっと。
Delphi歴:2007年3月からちょっと。
PIC歴:2007年5月から数年。
イラスト歴:2007年12月から今まで。
DTM歴2008年2月からちょっと。
PHP歴2008年4月からちょっと。
C++歴2008年4月から今まで。
C#歴2009年1月から今まで。
Objective-C歴2009年4月から今まで。
CSS歴2012年5月から今まで。

ブログ開始日2005/10/11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。