スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDカードファイル転送

SD未実装機能のSDカードファイル転送機能を作成中。

PCからSDカードへのファイル受信はもちろんのこと、SDカードからPCへのファイル送信もできるようにしています。
SDカードからPCへのファイル送信は単純にSDカードに送りたいファイルを入れても認識できないので、アプリからダミーファイルを作って、それに同名の送りたいファイルを上書きし、それを送信します。
画像はダミーをつくりまくったところ。ファイルを保持できる数はGUIを作るのが面倒なのでまずは12個のみです。
あとは実際の転送部分の作成を残すところのみ。

転送中は画面の更新は止まり、転送キャンセル以外の操作はできなくなります。


■追記
コマンド送信時にクリックが送られる原因がわかったので次回バージョンアップで修正予定。
スポンサーサイト

ver0.9.7beta公開開始

公開しました。
更新内容は以前の記事の通り。


iRemote ver0.9.7beta ダウンロード


多分バグだらけ。でも劇的な変化はない。
導入方法は今回は保存データに変更はないので、
サーバーは上書き、アプリはバージョンアップで大丈夫。

ver0.9.7beta予定

今日明日中にiRemoteをもう一回バージョンアップします。


■更新内容
・通信方法の改良による通信速度の向上(操作モードの更新レートが上がります、多分。動画にも効果あり。)
・動画範囲選択時にカーソルをデフォルトカーソルに固定
・カーソル配置固定時にニューロポインターの動作方向が固定されない不具合を修正
・ショートカット機能に拡大、縮小を追加
・コマンド編集時に入力をキャンセルした場合操作不能になる不具合を修正
・ストリーミング配信でのサーバー不具合を修正(pdf読み込み対応、3gpの表示対応)
・操作モード中で音声をオフにした場合著しく動作が重くなる不具合を修正
・録音デバイスが存在しない場合にiRemoteサーバーが起動しない不具合を修正(自動無音化。音声モードは動作しない。)
・動画モードで24fps、30fpsを追加
・動画モードで画像サイズに特大を追加(長辺が480ピクセル)


とまぁ、大物ひとつに他不具合や小物の追加です。
通信速度向上は性能の高いケータイでないと返って動作が重くなるかもしれません。。
操作モードでは右上に数値が出ているのですが、これがどんどん増えていく機種はつらい。
この改造によって細かい挙動が変わっているので、不具合を探せば結構見つかるかもしれません。

あと、通信が間隔0.0設定での効率がさらに上昇しているので、
電池消耗もグレードアップしていると思います。。。

Starアプリでも150KB制限

Starアプリではiアプリでも一回の通信制限が500KBに緩和されている、という噂を聞いたので実際に試してみた。
iRemoteにテスト用の500KBのデータ送信機能をつけてそいつを専用アプリからダウンロードする、というもの。

結果は500KBダウンロードできず。500KBはもちろん300KBでもダメ。
GETでもPOSTでもダメでした。それ以下はもちろん可能でした。

Starアプリ初挑戦ってこともあってプログラムに手順ミスがあるのかもしれませんが、
とりあえず通常の方法(特殊な手続きが存在する、とか?)だと無理なようですね。
エミュレーターでは500KB以上を読み込もうとしたらGETメソッドに限り150KB以降のデータを破棄したというメッセージもでるし、これはやはり仕様書通り150KB制限なんじゃないでしょうかね?

iモードブラウザは500KBに制限が緩和されているそうですが、iアプリには変更なし。



…DoJaのままでいいや。

ver0.9.6beta公開開始

公開開始しました。
まだまだ不具合が多いと思いますが、なんとか使えると思います。

更新内容は前回の記事通り。
不具合見つかり次第順次バグ取りしていきます。

これまでもそうだったみたいですが、Vista、7でUACを有効にしている場合、
iRemoteサーバーは管理者権限で起動してください。

ver0.9.6betaダウンロード
(前バージョンと通信に互換性がないので、前のアプリを完全に削除してから導入してください)


■追記
操作モードでのお勧め設定をいくつか。

まず音声をつける場合は通信間隔を0.0秒にすると安定した再生ができるようになります。
自動だと音声長が不安定になるため安定した再生はできません。
16KHzにもできるが、その場合画像の更新が大幅に遅くなる。
以下はVGA以上の画面を搭載した機種の設定例。

・サクサク操作設定
画質:40 解像度:75% 容量:50KB
画質を落としサクサク画面を更新させるための設定。およそ1秒でDL可能な50KBに多くの画像を詰め込める設定更新速度はなかなか。この状態で音声を追加しても問題ないくらい。

・高画質設定
画質:50 解像度:120% 容量:70KB
デフォルトに近い設定。解像度を120%程度にすることで縦サイズを画面にフィットさせるような中途半端なサイズの拡大でもきれいに表示することができる。一枚一枚の画像容量が増えるので全体容量を多めにとるのがポイント。

動画モード改良

公開しようとした矢先ふと思いついたことがありまして。
本当に3秒150KBっていうとり方が限界なのかなぁ、と。
前にそういう条件を決めたときのことを思い出してもかなり根拠が薄いまま決定してたような気がします。

速攻で秒数可変できるようにして確認してみたところ、
なんとまぁ2秒150KBでも余裕の動作。思った以上に7.2Mbpsの威力はある模様。
1秒150KBも試したところそこはサーバーにバッファがたまっているのにもかかわらずDLが追いつかないところをみると不可能な模様。バランス点は1.5秒程度でしょうか。

jpgクオリティの項目をさっそく単位時間に置き換えました。
1~3秒で自由に可変可能です。デフォルトは従来通りの3秒。

2秒150KBというとあまりピンとこないと思いますが、
16KHzモノラル、中サイズ15fpsで問題なく見れるレベル。
音質を下げれば15fps大サイズも可能。大サイズ10fpsはとってもきれい。
10fpsならば横幅480の超大サイズによる動画も可能かもしれません。


再生開始するバッファ数の低下と単位時間の減少により以前の半分程度になっています。便利ですね。
いやはや、ここにきて動画モードの性能が大幅に向上したなぁ。

バグ取り中

大体の機能がそろいキリがいい感じなので明日あたりに新バージョン公開します。
バージョンは0.9.4から0.9.6にアップ。1.0.0になるにはまだまだかかる。

■0.9.4⇒0.9.6変更点
・全体
 ・暗号化方法を変更し軽量なものに変更したことで動作が全体的に軽くなった
・操作モード
 ・音声をつけれるようになった(簡易バッファリング)
 ・最大取得解像度を変更できるようになった
  (従来は100%以下固定。100%越えも可能。)
 ・最大ダウンロードサイズを変更できるようになった(従来は70KB以下固定)
 ・イベント送信完了通知をするようになった(あくまでも送信完了通知)
 ・マウスカーソル状態をPCから取得し表示するようになった
  (ただしラグがあるため機敏には反応しない)
 ・文字入力時の自動シングルクリックを無効化した
 ・カーソル非移動時に内部更新周期を自動低減し処理量を減らした
 ・コマンド送信画面で一部数字キーが効かないバグを修正
  (デフォ状態だと1,1と押すとエンター)
 ・画面回転に従来方向とは逆方向への回転を追加
 ・方向キー向き固定オプションを追加
  (画面回転機能を用いても一定の方向に方向キー向きを固定できる)
 ・クリック位置記憶が正しく行われていなかったバグを修正
 ・画面更新優先度を表示領域内がもっとも高くなるように修正
  (従来はカーソル位置から円形)
・動画モード
 ・操作モードと同じく逆向き回転ができるようになった
 ・表示モードに100%、200%、インサイドフィット、アウトサイドフィットの追加
  (従来はインサイド固定)
 ・バッファが2つの時点で再生するようにした(従来は3。バッファリング頻度あがったらごめんなさい。)


細かく書くとこんな感じですね。
操作モードでは主にレスポンスにかかわる部分の改良が主になっています。
画質は最低限でよい、レスポンスがなにより大事って人向きなアップデートだと思います。
取得解像度を下げる効果はなかなか大きく、画質50%以下、解像度70~80%、取得上限50KB以下で安定したレスポンスで動作させることができると思います。
また、音を聞きながら操作したいって人にもいいアップデートかな、と。取得上限を決めれるようになったために音声を入れても安定した更新速度を維持できるので、少ないバッファでも低音質ながらそれなりに再生できるものになっています。
この項目中でレスポンスにもっとも深くかかわるのは取得サイズ上限になってます。あとは一度の更新でどれくらいの領域を書き換えられるかの問題。

ではではバグ取りの続きしてきます。


■動画
再生開始までのバッファリングの個数を1つ減らしてみた。
バッファリング頻度上昇とか問題はあるものの、再生開始までの時間が3秒短くなり、
同様にラグも3秒短く、途中バッファリングの時間も3秒短くなりました。
つなぎ時間の分1バッファあたりの時間が短くなってしまうため、つなぎ時間の値が大きいとどんどんバッファを消費していくことになります。設定のポイントとしては、バッファリングが増えていかない、かつ減りもしないという絶妙なつなぎ時間を設定するとバッファリング回数は減ると思います。

イベント通知機能

通知ケータイでサーバーに送るようなイベントが発生したら通知する機能をつけてみた。前はめんどくさいとか言ってた気がするけど、自分で使ってみてクリックがちゃんとおくれてるのか不安で必要だとおもったので追加。

また、使っているときにクリックしてからカーソル動かすと今現在カーソルがある位置でクリックされているのを発見。
確認したら凡ミスで位置を記録している部分がクリックが発生した位置ではなく、現在のカーソル位置を記録していた。
思いっきり凡ミス。糞プログラム乙。

このイベント通知機能は一応カスタムコマンドの内容も出してくれるのでショートカットで間違ったら押したりしたらたぶん気づける。また1秒くらいしかこのメッセージはでてくれないけど、、まぁわかればおkってことで。。
あとこれはあくまでサーバーに要求を出した時点で表示されるのであって、サーバー側でその動作が完了したことを通知するものではないので注意。
Go To 物置。
プロフィール

書いてる人:つん

まったりのんびり。書いてる人の息抜きブログです。

多分連絡先↓
metal_tsun@yahoo.co.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
バロメーター
Java歴:2005年2月から今まで。
3DCG歴:2005年8月から数年。
C歴:2006年4月から今まで。
VB歴:2007年3月からちょっと。
Delphi歴:2007年3月からちょっと。
PIC歴:2007年5月から数年。
イラスト歴:2007年12月から今まで。
DTM歴2008年2月からちょっと。
PHP歴2008年4月からちょっと。
C++歴2008年4月から今まで。
C#歴2009年1月から今まで。
Objective-C歴2009年4月から今まで。
CSS歴2012年5月から今まで。

ブログ開始日2005/10/11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。