スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リモートモード中でサウンド再生

VNCモード中での常時サウンド再生がついに可能になりました。
まだ実機のテストができずに無理やり導入しているステレオミキサーとエミュレーターによるテストしかやっていないため、音循環によるエコーがひどすぎて音が鳴っている、としか言えませんがちゃんと音はでるようになったみたいです。

ラグは表示されている画像の時間から数秒程度の遅れ。音声モードよりも小さなラグで再生できるようです。
テストということで現在は音声モードでの最低音質設定(8kHz、モノラル)にしてあります。
通信しているサイズをみるにこの程度の音質がこれまで同様の画面更新速度を維持するには限界かもしれない。

音声ファイルの長さが動的に変更されるため、音声モードよりもつなぎ目が多かったり、粗さもあると思います。
ただシステム音を拾う、BGMの出るサイトを見る、とか、そのくらいには使えるかもしれません。


設定メニューはこれから作成します。
32kHzステレオとかかなり無茶な設定も一応可能にしておきますが、
転送ファイルに70KB制限をかけているため、多くの場合で画像を一切送れなくなります。
8kHzモノラルがきっと限界。ショートカット用項目には音量程度は振れるようにしたい。


実機テストできないってのは不便だ。。レオパレスめ。。。。


■サウンド再生
Vista、7でステレオミキサーがないPCに関してはすでに仮想デバイス(vadplus)を用いて音がでることを確認していますが、ステレオミキサーがついてるPCではそういうのなしで素の状態で音を出せるっていう認識でいいんでしょうか。
iRemote自体は使用DLLの制約により規定の録音デバイスからのみ音をとれる仕様です。
ステレオミキサーを規定の録音デバイスにできるかとかそういうのは、わからない。
ステレオミキサー付きのVista、7の方はちゃんと動画モードなりで音出せてますか?

でないのであれば音声入力プログラム(waveIn)をDLLから自作のものにして、サーバーメニューで入力デバイスを選べるようにすればいいだけの話。
といってもにわか仕込みのC#でCのライブラリをインポートする作業はむずくてなかなかわからない。
Cなら簡単にかけるのだが(バイパスソフト作れたしね)。。。サーバーをVisualC++化するのもありか、、めんどいけど。

コメントの投稿

非公開コメント

Go To 物置。
プロフィール

書いてる人:つん

まったりのんびり。書いてる人の息抜きブログです。

多分連絡先↓
metal_tsun@yahoo.co.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
バロメーター
Java歴:2005年2月から今まで。
3DCG歴:2005年8月から数年。
C歴:2006年4月から今まで。
VB歴:2007年3月からちょっと。
Delphi歴:2007年3月からちょっと。
PIC歴:2007年5月から数年。
イラスト歴:2007年12月から今まで。
DTM歴2008年2月からちょっと。
PHP歴2008年4月からちょっと。
C++歴2008年4月から今まで。
C#歴2009年1月から今まで。
Objective-C歴2009年4月から今まで。
CSS歴2012年5月から今まで。

ブログ開始日2005/10/11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。